データベース


検索結果:1
【トップに戻る】 【表の見方】 【配列:(国内・海外) > (ABC順)】

Encyclopedia of Public International Law in Asia

リモートアクセスはこちら RemoteAccess
[ 種別: 事典・辞典・便覧, ]

同時接続数: 無制限
概要:
このデータベースは、300 人近くの主要な学者が関わる百科事典であり、アジア各国・地域における国際法の
実践と実施について詳細に説明している。
西洋の国際法の導入と、その結果としての古いアジアの秩序からの移行、すなわち現代の国際法の発展がアジ
ア諸国に与えた影響をカバーしている、大変貴重なレファレンス資料である。北東アジア、東南アジア、中央
および南アジアの 3 つの地理的に編成されたボリュームとしてオンラインで提供されるこのレファレンスは、
アジアにおける国際法の歴史的発展、実施、および適用に関心のあるすべての人々に貴重な情報を提供している。
アジア諸国の間には多種多様な文化が一般的に認められているが、何世紀にもわたって発展した数多くの
文化的および宗教的接触との相互関係の結果として、親しみやすさ、相互理解、一貫性、連帯という強い
テーマが残っている。
この国際法の調査とアジアでのその適用は、アジア大陸の共有された歴史と、各国・地域におけるその独特の
発展を明らかにする。

参考情報:
紀伊國屋書店より
極東書店より