イベント・セミナー・講習会

イベント・セミナー・講習会

このページでは、これから実施する学生さんの学習に役立つセミナー・講習会や、国際感覚を高めるようなイベント、大学院生や研究者の方の研究に役立つようなセミナー・講習会の情報を掲載しています。

10月
学部選択参考図書展示を開催します(9/6-10/中旬)
9月25日(水)、26日(木)に学部・学科等移行ガイダンスと学部・学科紹介が行われます。
どの学部に移行するか迷っている人もいるのではないでしょうか。
北図書館では、学部選択の参考になる図書を集めました。ぜひ手に取ってみてください!
【開催お知らせ】[HP] [facebook]
【展示図書リスト】[ブクログ]
『教育学へのレッスン40』出版記念展示を開催します(10/4-11/中旬)
北海道大学教育学部創立70周年にあたり、教育学部・教育学院(大学院)教員の執筆による『ともに生きるための教育学へのレッスン40 -明日を切り拓く教養-』が出版されました(北海道大学蔵書目録)。
教育学部・大学院教育学院・教育学研究院図書室では、この本の中で先生方が推薦されている図書の展示を行っています。また、ブクログで、すべての推薦図書をご紹介しています(リンク:こちら)。
教育学部への移行を考えている、教育学部でどのゼミを選ぼうか迷っている、という学生さんはもちろん、教育学にご興味をお持ちのみなさま、ぜひご覧ください。
【開催お知らせ】[HP]
「化学研究を加速させる! 物質×反応×文献データベース講習会【SciFinder編】」を開催します(10/16-18)
SciFinderは、論文、特許に加え、化学物質や反応情報を網羅的に検索できる、化学系の必須ツールです。
その利用方法を専門インストラクターが実習形式でレクチャーします。また、日頃の疑問にもお答えします。
【開催お知らせ】[HP]
「これからの学術情報収集・発信・評価 : 医系研究者が知っておきたいポイント」セミナーを開催します(10/21、10/23-10/25)
「新PubMed(2020年1月リニューアル予定)」「オープンアクセス」「業績評価指標」に関するセミナーを、4会場(薬・医・歯・保健)で実施いたします。
本セミナーは、毎年10月に世界各地でオープンアクセスに関連する様々なイベントを開催する取り組みである、オープンアクセスウィークに合わせ実施するものです。
【開催お知らせ】[HP]
「化学研究を加速させる! 物質×反応×文献データベース講習会【Reaxys編】」を開催します(10/23-24)
Reaxysは、化学反応情報と実測物性値を収録した世界最大級の反応・化合物データベースです。
その利用方法を専門インストラクターが実習形式でレクチャーします。また、日頃の疑問にもお答えします。
【開催お知らせ】[HP]
「北大構成員限定 企業・業界情報調べ方セミナー 日経テレコン講習会」を開催します(10/24)
毎年好評の日経メディアマーケティング専任講師による、就活・卒論に、そして社会人になっても役立つ、日経各紙の新聞記事・企業情報・人事情報などの検索を実習で効率良く学べる講習会です。今回は、1回目講習会は学部3年生対象の就活用、2回目講習会は学部4年生対象の卒論用となっております。
【開催お知らせ】[HP]
「午後の講座 : オープンアクセスを見渡す・見つける・見極める」を開催します(10/25、10/29、10/31)
Afternoon Talk : Looking over / for / out of Open Access (Nov. 1)
北キャンパス図書室では「国際オープンアクセスウィーク2019」にあわせて、オープンアクセスへの理解を深めるための講座を開催します。北大ご所属の学生を含む研究者や研究支援者のみなさんに向けて、オープンアクセス(OA)をめぐる近年の状況や動向を概観し、OA論文をすばやく発見・入手するためのツールやヒント、投稿や参照にあたり注意すべきOAジャーナル(ハゲタカジャーナル)について、北キャンパス図書室職員がご紹介します。秋の昼下がりにお気軽にお立ち寄りください。
【開催お知らせ】[HP]
「これから研究を始める人のための文献の収集と管理のセミナー(文系の方向け)」を開催します(10/25、11/21)
これから本格的な論文を執筆しようと思っている学部3年生~修士1年生の文系の方向けに、文献収集に役立ついろいろなデータベースの紹介や検索のテクニック、その他文献収集のために知っていると便利な図書館サービスをご説明します。
【開催お知らせ】[HP]
Open Access Week セミナー「オープンサイエンス事始め : Zotero や Figshare を使いこなす」を開催します(10/28)
Open Access Week Seminar, “Starting open science: mastering Zotero and Figshare” (Oct. 28)
オープンソースの文献管理ソフト Zotero と、研究データ公開プラットフォーム Figshare の使用法と利点について解説するセミナーです。また、オープンアクセス文献を発見するためのツール(ブラウザ拡張機能など)もご紹介します。講師はメディア・コミュニケーション研究院・准教授のMichael Schiltz 先生です。(英語による講義です。質疑応答のみ日本語でも可能です。)
In this seminar, we will discuss the usage and benefits of Zotero, an open source document management software, and Figshare, a research data publishing platform. Relatedly, we also point to tools (browser extensions etc.) for discovering open access material. The presenter is Dr. Michael Schiltz, associate professor of Research Faculty of Media and Communication.
【開催お知らせ】[HP 日本語 / 英語]
11月
「国際機関情報の探し方セミナー【国連編・EU編】」を開催します(11/1)
北海道大学附属図書館は、国連からは「国連寄託図書館」の指定を、EUからは「EU情報センター」の指定を受けています。当館では4階に国際資料室を設け、国連ならびに国連専門機関の文書・公式記録・刊行物や欧州委員会出版局が発行する公式資料多数所蔵し、学内のみならず、広く一般の方にも公開しています。
このたび、国連やEUの文書の探し方、Webから入手できる情報についてパソコンでの実習形式でセミナーを開催します。
国際機関に関心のある方、グローバル社会に関心のある方、みなさまのご参加をお待ちしております。
【開催お知らせ】[HP]
「国際機関情報の探し方セミナー【統計編(OECD編)】」を開催します(11/8)
OECD東京センターから高橋しのぶ氏をお招きします。OECD iLibraryは、OECDが発表する報告書と加盟国のみならず、世界主要各国及び国際機関から集めた公式データを収録したオンライン・ポータルサイトデータベースです。今回はクイズ形式を取り入れております。みなさまのご参加をお待ちしております。
【開催お知らせ】[HP]
「基礎からおさえる!法情報の探し方@北大文献収集セミナー法学編」を開催します(11/14、22)
附属図書館と法学研究科・法学部の共同企画です。ウエストロージャパンを中心に法令・判例データベースを実際に検索します。法情報の基礎的な探し方を知りたい北大生ならどなたでも受講できます。ぜひご参加ください。
【開催お知らせ】[HP]
後期
英語で話そう!「英語コミュニケーション」開催のお知らせ(10/17-1/30、毎週木曜)
「英語コミュニケーション」は、英語が堪能な留学生チューターを囲み気楽に会話を楽しみながら、英語を使ってコミュニケーションを取る力を伸ばすことができる場です。
英会話のスキルアップをしたい方,留学予定がある方など,英語に関することに興味がある方のご参加をお待ちしております!
【開催お知らせ】[HP]
通年
2019年度図書館30分セミナー(書庫利用ガイダンス編+これからはじめる論文収集編)
  1. 書庫利用ガイダンス編
    図書館スタッフが書庫を案内します。参加すると、学部生のみなさんも自分で書庫に入れるようになります!!
  2. これから始める論文収集編
    オンライン上での論文の入手方法、冊子体の雑誌からの論文の入手方法、自動化書庫の出庫方法、図書館Webサービスの案内等についてご紹介します。
英語多読マラソン
他のランナーと競い合いながら、100万語のゴールを目指して英語多読を進めていけるよう附属図書館が企画したのが英語多読マラソンです。参加エントリー後、読んだ語数をエクリーに記録していきましょう。既定の語数に達した方には達成証を進呈しています。

【お問い合わせ先】
附属図書館 学習支援企画担当
(e-mail:nref [at] lib.hokudai.ac.jp Tel:706-5593, 内線 5593 )