推薦教員別図書リスト

戸田聡 先生 (文学研究科) ご推薦の図書

The fall of Constantinople (-) /  Steven Runciman 著
コメント: 邦訳もあるが、ランシマンの平明な英語原文で読みたい。

The idea of progress (-) /  J.B. Bury 著
コメント: 種々の批判にもかかわらず、人類は進歩史観を依然脱却していない。その源泉を知るには本書。

イエス : その歴史的実像に迫る (イエス : ソノレキシテキジツゾウニセマル) /  E.P.サンダース 著
コメント: イエス伝はいろいろあるが、とりあえず2冊のみ薦める。

イエスの生涯 : メシアと受難の秘密 (イエスノショウガイ : メシアトジュナンノヒミツ) /  シュヴァイツェル 著
コメント: イエス伝はいろいろあるが、とりあえず2冊のみ薦める。

学問のすゝめ (ガクモンノススメ) /  福澤諭吉 著
コメント: 日本の文明開化はここから始まった。

ギルガメシュ叙事詩 (ギルガメシュジョジシ) /  月本昭男 訳 著
コメント: 古代オリエント文学の傑作。

孔子 : 聖としての世俗者 (コウシ : セイ トシテノセゾクシャ) /  H. フィンガレット 著
コメント: 古典を新鮮に読むことに成功している著作。

後世への最大遺物 (コウセイエノサイダイイブツ) /  内村鑑三 著
コメント: 内村鑑三を知らない北大生は看板に偽りあり?

ソフィスト (ソフィスト) /  田中美知太郎 著
コメント: その有無が洋の東西の文化を分けているのかも。

ニコマコス倫理学 (ニコマコスリンリガク) /  アリストテレス 著
コメント: 現代人から遥かに隔たった古代人による一つの幸福論。

パルメニデス (パルメニデス) /  プラトン 著
コメント: プラトンの対話篇は大学在学中に触れておきたいもの。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (プロテスタンティズムノリンリトシホンシュギノセイシン) /  マックス・ウェーバー 著
コメント: 他の学者へのインパクトの比類ない強さから見て、まさに古典と言える。

名人に香車を引いた男 (メイジンニキョウシャオヒイタオトコ) /  升田幸三 著
コメント: 田村竜騎兵氏が聞き書きで見事にまとめた、稀代の棋士の一代記。

霊魂の不滅か死者の復活か (レイコンノフメツカシシャノフッカツカ) /  オスカー・クルマン 著
コメント: キリスト教がいかなる点で古代人に(そして現代人にも)異様であるかを理解させる好著。

ローマ人盛衰原因論 (ローマジンセイスイゲンインロン) /  モンテスキュー 著
コメント: 日本の将来を考える上でも、ローマ帝国没落論(例えば本書)は一読すべき。