知里真志保文庫


知里真志保文庫

1200冊 →資料一覧  (貸出不可・複写可)

北海道大学教授。文学博士、言語学者。
室蘭中学校を卒業後、金田一京助のすすめで第一高等学校を経て東京帝国大学、同大学院で言語学を学び、金田一に師事、アイヌ語研究の道を進む。
昭和15年樺太庁立豊原女学校の教諭、樺太庁博物館の嘱託を兼務。昭和18年北海道帝国大学北方文化研究室の嘱託となり、昭和22年からは北海道大学に新設の文学部に勤める。
その間、独自のアイヌ学の確立をめざし、「アイヌ語入門」、「分類アイヌ語辞典」等の著作がある。昭和24年北海道新聞社会文化賞、昭和30年朝日文化賞受賞。
文庫の内容はアイヌ語、言語学、民族学関係が中心で、北海道史関係の文献も含む。

1909(明治42)~1961(昭和36)