【エルゼビアフォーラム】「図書館総合展2020フォーラム」オンライン開催のご案内 (Elsevier)

エルゼビア社では、以下の日時でオンラインでフォーラムを開催します。
参加ご希望の方は、下記URL参加登録用リンクよりお申し込みください。

日時:2020年11月4日(水)
    13:30 ~ 16:25 (休憩・Q&Aを含む)
テーマ:「これからの日本の科学研究を発展させるために~若手研究者をどう支援するか~」 
主催:エルゼビア・ジャパン株式会社
対象:図書館や研究者、大学・研究機関の研究支援に携わる方等

[参加登録用リンク] :
https://elsevier.zoom.us/webinar/register/WN_rPVQbbbHQ6GvPfT75FBYjw
※当日ご参加いただき、ご希望の方にはエルゼビア卓上カレンダーをお送りいたします(先着200名様)。

プログラム(予定):
前半
13:30~13:40 開会の挨拶
       Anders Karlsson (エルゼビア・ジャパン株式会社)
13:40~14:20 基調講演
       三成 美保氏(奈良女子大学副学長・日本学術会議前副会長)
14:20~14:30 Q&A
14:30~14:45 ==休憩==
後半
14:45~14:55 オープニング
       井上 淳也氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
14:55~15:20 『若手研究者のための新しい図書館のありかた』
       深澤 良彰氏(早稲田大学前図書館長・理工学術院 教授)
15:20~15:45 『大学図書館のデジタルトランスフォーメーションを前提とした研究支援の方向性』
       竹内 比呂也氏(千葉大学副学長・附属図書館長・アカデミック・リンク・センター長・人文科学研究院教授)
15:45~16:10 『ニューノーマルを見据えた図書館を求めて:東北大学附属図書館の取り組み』
大隅 典子氏(東北大学副学長・附属図書館長・東北大学大学院医学系研究科教授)
16:10~16:25 Q&A

※上記予定は予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

要旨:

フォーラム前半では、奈良女子大学副学長・研究院生活環境科学系教授・
日本学術会議前副会長の三成美保氏をお招きし、若手研究者を取り巻く
諸問題、そして産官学民でどのように問題解決に取り組むべきかについて
基調講演を行います。

後半では、「ウィッズ・ポストコロナ時代の研究(者)支援に係る
図書館の役割」をテーマに、早稲田大学前図書館長の深澤良彰氏、千葉大学
副学長・附属図書館長・アカデミック・リンク・センター長の竹内比呂也氏、
東北大学副学長・附属図書館長の大隅典子氏をお招きし、各大学での若手
研究者支援への取り組みや、研究(者)支援に関し今後図書館はどのような
役割を担うべきかについてお話しします。

〇問い合わせ先:
フォーラム「これからの日本の科学研究を発展させるために~若手研究者をどう支援するか~」
事務局 エルゼビア・ジャパン株式会社 
E-mail : jp.pr[at]elsevier.com

2020/10/21 10:05
update: 2020/10/21 10:07