新型コロナウイルス感染症対応特設サイト

新型コロナウイルス感染症対応 特設サイト

新型コロナウイルス感染症対応に関してオンライン授業や教育・研究・学習に関係する学内外の情報を掲載しています。
情報は随時更新していきます。(9/15更新)

オンライン授業

オンライン授業に関する学内外の情報

オンライン授業に利用できるコンテンツの情報
※一部のコンテンツは「リモートアクセス」を経由して学外から利用することができます。

    • University of Chicago Press 冊子体のみの購読機関に対してもオンラインアクセスを提供。リモート授業にも活用可能。
電子ジャーナルやデータベースに関する情報

※一部のコンテンツは「リモートアクセス」を経由して学外から利用することができます。
(1)電子ジャーナルやデータベース

    • Airiti Library × Free Access 台湾を中心とした中国語の学術文献DB「Airiti Library」の無償トライアルを実施中です。(12/31まで)(8/4追加)
      マニュアルはこちら(PDF)
    • SciFinder-n/SciFinderは期間限定でIPアドレス制限を撤廃しています。(10/18まで)(6/10更新)
      ※新規ユーザー登録は学内からのみとなります。
      SciFinder-n
      SciFinder
      ・化学情報協会 オンライン教材のご案内 検索方法などをオンラインで学べる教材があります。
    • World Bank eLibrary World Development Reportなど出版物やワーキングペーパーの全文、各種統計など全てのコンテツが利用できます。(4/17追加)
    • 韓国電子情報ポータル 韓国のEJデータベース「KISS」「DBpia」「教保文庫スカラー」トライアル実施中です(9/15まで)(7/14更新)
      KISS:1300以上の学術関連機関が発行する約3300種以上の定期/非定期刊行物の全文情報
      DBpia:1000以上の学会、研究所、出版社が発行する2000種以上の定期/不定期刊行物の全文情報
      教保文庫スカラー:韓国最大の書店「教保文庫」が提供する韓国学術・学会誌電子ジャーナル

(2)出版社や代理店等による雑誌やデータベース等の利用に関する情報提供

(3)外国雑誌の刊行状況

自宅学習支援
学外からのコンテンツの利用

電子ジャーナルやデータベース、電子ブックは「リモートアクセスサービス」で学外からでも利用できるものがあります。

  1. リモートアクセスサービスにアクセス。
  2. ログイン後に表示される「リモートアクセスメニュー」から「北海道大学蔵書目録」で検索して利用します。

各コンテンツの内容は下記をご覧ください。

※電子ジャーナルの利用にあたっては「電子ジャーナル」のページの◆利用上の注意事項◆もご覧ください。特にブラウザの「リンク先読み機能」や文献管理ツールのフルテキストダウンロード機能により、意図せず大量ダウンロードと見なされる場合がありますので、ご注意ください。

図書館の施設利用
    • 附属図書館本館・北図書館では7月14日(火)から学内構成員のみ利用再開しています。施設の利用制限等詳細はこちらをご覧ください。
    • 各部局等図書室の開館状況はこちらをご覧ください (4/28追加)

本ページに関するお問合せ先:ers[at]lib.hokudai.ac.jp