システマティックレビュー作成支援事業が国立大学図書館協会賞を受賞

附属図書館研究支援課 医系グループがこのほど「令和3年度国立大学図書館協会賞」を受賞しました。

国立大学図書館協会賞は、会員館に所属する者で図書館活動および図書館・情報学研究に顕著な業績をあげた個人・グループに与えられるものです。

平成28年に開始した「文献検索相談・代行サービス」において、図書館職員が高い専門性を発揮し文献検索を担うことで、学内の研究者のシステマティックレビュー作成に貢献している点が、先進的・組織的な取り組みであるとして受賞に至りました。

北海道大学附属図書館としては、昭和60年度以来、2回目の受賞となります。

    • 件名    システマティックレビュー作成支援事業
    • 受賞者   北海道大学附属図書館 医系グループ
    • 関連リンク 国立大学図書館協会賞(国立大学図書館協会)

*システマティックレビュー:あるトピックに関する既存の研究成果をもれなく収集・評価し、一定の結論を出す研究手法

問合せ先:
附属図書館研究支援課 医系グループ
literacy02[@]ml.hokudai.ac.jp

2021/05/27 16:35
update: 2021/05/27 17:03