電子ジャーナル・データベース利用上の注意:ブラウザの先読み機能について

電子ジャーナルおよびデータベース利用の際、ブラウザの「リンク先読み機能」によりバックグラウンドでの意図しないアクセスが行われ、大量ダウンロードとみなされることがあります。

各ブラウザでは次の設定で無効とすることができます。

Google Chrome
「予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む」をオフにする。→ Google Chrome ヘルプ
(ヘルプページ内容は「ステップ 5: ページのプリフェッチが有効になっていることを確認する」になっていますが、リンク先読み機能の無効化のためには「予測サービスを使用してページをより迅速に読み込む」の項目の部分を「オフ」にしてください)

FireFox
URL欄に「about:config」と入力してコンフィグ画面を開き、「network.prefetch-next」を「false」にする。
FireFox ヘルプ「Firefox が勝手にインターネットに接続する」-- 「リンクの先読み機能」

Internet Explorer 11
[インターネットオプション]--[詳細設定]を開き、「ブラウズ」中の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックをはずす。

Edge
[設定]--[詳細設定]を開き、「ページ予測を使って閲覧速度の向上、読み取りビューの改善、全体的な使用感の向上を図る」をオフにする。

利用上の注意事項は電子ジャーナル・データベースの各ページにも掲載しております。
今一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。

電子ジャーナル https://www.lib.hokudai.ac.jp/e-journals/
データベース https://www.lib.hokudai.ac.jp/databases/