北海道大学附属図書館企画展示「北の植物学者 宮部金吾展」を開催

平成27年10月1日から、附属図書館において、企画展示「北の植物学者 宮部金
吾展」を開催します。

札幌農学校の2期生といえば、新渡戸稲造、内村鑑三など多くの著名人がいます。
その中でも宮部金吾は、生涯にわたり本学と関わりをもち、その発展に多大な貢
献をした人物です。
宮部は、明治10(1877)年札幌農学校に入学し、植物学の研究を志しました。
卒業後は、植物園の設計、北海道東部・南千島への植物採集旅行をしました。
明治22(1889)年に札幌農学校教授となってからも、「札幌博物学会」会長や植物
園長を就任、『北海道主要樹木図譜』の刊行など、植物学分野での活躍は数知れません。
その業績を称えられ、昭和21(1946)年には文化勲章受章、昭和24(1949)年には札
幌市名誉市民の称号を受けています。
北方資料を通して、今一度その足跡を振り返り、多くの人に知っていただけます
と幸いです。

協力:  北海道大学植物園、北海道大学大学文書館

場所:  北海道大学附属図書館2階 正面玄関ロビー(札幌市北区北8条西5丁目)

期間:  平成27年10月1日(木)-12月27日(日)

miyabe_poster

北海道大学附属図書館北方資料WG

TEL:011-706-2994 FAX:011-706-4595

E-mail:hoppo%lib.hokudai.ac.jp (%は @に置き換え)

2015/09/28 09:31
update: 2019/07/23 14:28