北海道大学附属図書館・北海道大学大学文書館共催展示  「”With malice toward none, with chartiy for all” ---- 遠友夜学校の歴史」を開催

 1月9日(金)から、附属図書館正面玄関ロビーにおいて、附属図書館・大学文書館共催展示「“With malice toward none, with charity for all”――遠友夜学校の歴史」を開催しています。
 遠友夜学校は、1894年に札幌農学校教授であった新渡戸稲造と妻メアリーが札幌に創設した、貧困等で学校に通えない子どもたちのための学校です。当初は初等部の運営に主眼を置きましたが、後には時代の要請に合わせて中等部を整備しました。学校の運営には有志の市民が当たり、宮部金吾、大島金太郎、有島武郎、半澤洵といった札幌農学校・北大関係者が中心的な役割を果たしました。また、多くの農学校生・北大生が教師を務めましたが、1944年に、戦時体制の中で50年に及ぶ歴史に幕を閉じました。
 本展示では、昨年夏、北海道大学が札幌市から受贈した「遠友夜学校関係資料」を中心に、附属図書館北方資料室の蔵書・写真、大学文書館の沿革資料(高岡熊雄・半澤洵・川嶋一郎関係資料、札幌農学校簿書等)を用いて、夜学校がどのような活動を繰り広げ、どのように変遷していったか、北大の学生・教員がどのように夜学校に関わったかを紹介します。展示は4部構成で、3月31日(火)まで開催しています。ぜひ、ご一覧ください。

 展 示 名: 「“With malice toward none, with charity for all”――遠友夜学校の歴史」
 期   間: 2015年1月9日(金) ~ 2015年3月31日(火)
 場   所: 北海道大学附属図書館2階 正面玄関ロビー(札幌市北区北8条西5丁目)
 共   催: 北海道大学附属図書館・北海道大学大学文書館

                  【お問い合わせ先】 
                   北海道大学大学文書館
                     <住所>〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目
                     <電話・ファックス>  011-706-2395
                     <メールアドレス>   archives@general.hokudai.ac.jp
                     <URL>  http://www.hokudai.ac.jp/bunsyo

2015/01/14 12:07
update: 2015/01/14 15:34